二五八祭委員会

公益社団法人東近江青年会議所2021年度 二五八祭委員会
職務分掌・基本方針・事業計画・委員会運営・年間予定表(案)

委員長  入榮 秀謙
委員数     7名

職務分掌

1. 市民と連携した持続可能なまちづくり
1. 二五八祭に対する中長期ビジョンの検討
1. 地域から愛される二五八祭の実施
1. 地域と連携した二五八祭の実施
1. まちづくりに関する官庁・関係諸団体との連絡、調整
1. 委員会間の連携
1. 会員拡大への積極的連携
1. その他

基本方針

東近江青年会議所において、二五八祭を基に地域住民、行政、他団体と関わりを持つ当委員会は地域とのつながりは特に密接であり、まちづくりを推進するという意味で非常に重要な役割を任されていると言えます。2020年、新型コロナウィルスの急速な蔓延で日常が急変し、「段々と変化した」や「気づいたら変わっていた」という「過去・現在・未来」という時系列に則った形ではなく、「そうしなければならない」や「仕組みをかえないといけない」という事象がはっきりと現れた今、今後のまちづくりの為にも祭の運営を考える大きな転換期を迎えています。

時に流された形ではない変化を起こす為には主体性が必要になります。つまり“我々”が主人公になり能動的に物事を進めていく必要があると考えます。

当委員会は二五八祭運営を通じて、対内にはこれまでの手法を踏襲しつつ今後への提案を行い、対外には今後へ発展出来る形を模索しつつ、当青年会議所メンバー以外の人々をいかに巻き込んでいくかを重視します。継続可能な運営の仕組み作りは方法・手法の選択肢を増やし、祭の魅力を増やすことに繋がります。魅力が増えれば「行ってみようかな」と思う人も増え、東近江市の発信にも繋がります。持続的かつ発展的な二五八祭の未来を能動的に作り上げ、今後のまちづくりの礎にしていきます。

事業計画

1. 2月例会の実施開催
1. 11月例会の実施開催

委員会運営

1.各メンバーが各役割を的確に行う為に室長、委員長がイニシアチブを持って委員会を運営していきます。